フコイダンの摂取はモズクで

健康食品として親しまれるようになったフコイダンは、わかめ昆布モズクなど、海藻に入っていることで知られています。海藻はスーパーなどで簡単に手に入れることができますし、だからこそ、毎日の食事に取り入れたいところ。しかしながら、わかめや昆布を毎日食卓に取り入れるのは難しく、献立も考えなければなりません。そこでおすすめなのが、食事にプラス一品、もずくを加えるようにすることです。もずくは特に調理の必要がないので食事と一緒に食べるだけですし、とくに難しく考える必要はないでしょう。

しかし、市販のモズクで気になるのが、酸味がきいているところです。さっぱりとしていて美味しいのですが、毎日食べるにはもう少し食べやすいものがいいという方もいますし、酸味が苦手な方もいるのではないでしょうか。

しかしながら、モズクはじつは「生モズク」と呼ばれるもとのモズクがあり、これは味付けがされていないものです。味付けを自分の好きなように変化させることができるので、毎日の食事で飽きてきたら工夫をして食べてみるのもよいのではないでしょうか。日々あれこれと変化させるのは難しいですが、いつもはさっぱりとした酢のもずくを食べて、味を変化させたいときだけ生モズクにすれば飽きずに食べられるはず。毎日の摂取は基本的に工夫が必要であり、楽しみながら食べることが大切なのです。それではさらになぜモズクを食べるべきなのか、細かな内容を確認していきましょう。